忍者ブログ

マキマスカという繰り返し何度でも使える吸える手巻きタバコフィルター

マキマスカという繰り返し何度でも使える吸える手巻きタバコフィルター

今現在、私はタバコを吸っている。タバコと言っても手巻きタバコだ。
その目的は香りを楽しむためだ。
惰性や口元が寂しいとか、ニコチン依存は一切ない。
タバコを吸うにあたり、数年前からみんなが吸っているタバコを辞めた。
そして手巻きタバコに変えた。
そこで考えることがあったのだ。
手巻きタバコだと熱で根元まで吸えない(熱くて持てない)。
このことを実感している喫煙者は多いと思う。そして、その分の葉が無駄になっている。
また、フィルターを使うことで葉の味わって変わってしうのも残念だ。
かといってフィルターなしだと咥えた部分がへたってしまうこと、タールとニコチンがもろに口に入ってくる。


ではどうしたらいいのか?


その答がマキマスカだった。
マキマスカは、繰り返し何度でも使える。もっと言えば一生使える手巻きタバコのフィルターだった。
ブログやSNSには、数多くのユーザーの声もあり、タバコ本来の香りを楽しめるのならとマキマスカを思い買ってみた。マキマスカ繰り返し何度でも長く使える吸える手巻きタバコフィルター


ホームページに記載されている通りのエコなフィルターだった。
根元まで無駄なく吸えて何度も何度も繰り返し使えるのはありがたい。
それに巻きやすい。
角ばったマキマスカ本体に巻紙が食い込んで普通のフィルターよりも楽に巻くことができる。
マキマスカ繰り返し何度でも使える吸える手巻きタバコフィルター

マキマスカ繰り返し何度でも長く使える吸える手巻きタバコフィルター


吸った後にはティッシュで作った「こより」でマキマスカ内部に付いたタールを拭き取り、本体の中にセットしてある螺旋状のパーツを拭く。
※私はこよりで掃除するが、モールにアルコールを染み込ませて掃除した方がより綺麗に汚れを落とせる。
たった数十秒で終わりとても簡単だ。
香りが損なわれないのであれば、これくらいの手間はむしろ巻いて吸うことの一部と思っている。
調理もガスよりも火を起こして炭火で焼いたほうが断然美味い。
コーヒーも一手間かけてインスタントよりドリップで入れた方が美味い。
それと同じことだと思う。言わば紙巻タバコはインスタントタバコだ。
おかげで今はタバコの葉の香りを楽しむ事がでる。
1日にたった数本、それが物凄い楽しみになってる。
タバコが楽しみになるという感覚はかつてはなかった。


私は元々1日20本前後吸っていたが、マキマスカを使うことで次第に本数が減っていった。
なんとも不思議だ。
これはユーザーの書いたブログやSNSなどを見ても同じようなことが書かれていた。
何度か使ってそれが私にも実感できた。
いくら高級な葉を巻いても、いくら美味しく香りの良い葉を巻いても、マキマスカ以外のもので吸えばそれは台無しになってしまうと私は思っている。
RAWをはじめとするオーガニックなどのペーパーを使い、マキマスカのようなタール除去ができて、冷却機能があることで煙が最高に美味しいと感じる状態になのだろう。


生活の中でエコを実践している方には繰り返し何度も使える手巻きタバコフィルターだ。
また、香りを楽しみたいという方には間違いなく後悔しない喫煙グッズになるだろう。
中にはタバコの本数が減りそのまま自然と辞めた人もいるそうだ。
私もいつでも辞められる自信はあるが、目的が香りを楽しむことだ。今の所辞めるつもりはない。


タバコを始めたきっかけはカッコいいから。友達が吸っていたから。口元が寂しいから。
若い頃の私がそうだった。
今の私は香りを楽しもうと思った時に火をつけ、そうでない時は吸わない生活だ。
もっと早く知っていればと思うが、若い頃にマキマスカに出会ったとしてももしかしたらその魅力を理解できなかったかもしれない。これもタイミングかもしれない。
最後に。
マキマスカを考えた人に感謝だ。


「マキマスカ」メーカーサイト


Amazonマキマスカ商品ページ


PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
役員K
性別:
非公開

P R